CanBas

サイトマップ

お問い合わせ

ENGLISH

IR情報

IR情報

タグ: ご挨拶

2017年1月IRセミナーのおしらせ(沼津・東京)

2016年12月28日 12時10分

加登住 眞

今年も残すところあと数日となりました。
今日は午後から毎年恒例の社内大掃除です。
役職員総出の作業にかかる前に、大切な告知を投稿しておくことにします。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイトをアップデートしました

2016年06月01日 08時30分

加登住 眞

全面リニューアルから約1年。
キャンバスのIR(インベスター・リレーションズ)の中核に育ちつつあるこのウェブサイトを、今回少しだけアップデートしました。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月になりました

2016年04月01日 12時00分

加登住 眞

キャンバスは6月決算なのですが、世の中の多くが年度替わりということもあり、キャンバスの社内もどことなく年度の改まった感じがあります。

河邊は研究開発に事業開発にと社内外国内外を精力的に飛び回っており、私もなにかとせわしない日々が続いているせいで、慣れないブログの更新がどうしても後回しになってしまっています。
年度替わりに一念発起、従来どおりの月数回更新ペースに戻し、キャンバスにまつわるさまざまな話題をお届けしたいと思っています。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

年頭ご挨拶+Biotech Showcase

2016年01月07日 18時00分

加登住 眞

大変遅くなりましたが、新年のご挨拶を申し上げます。


キャンバスの2015年は、Stemline社とのCBS9106提携公表の余韻から始まり、同社IND申請完了のニュースで幕を閉じた年、に見えると思います。
もちろんその意味だけでも、昨年はキャンバスにとって前向きな年でした。

一方、社内のムードとしてはそれ以上に、CBP501に関する新知見の検証が進み、CBP501の見方が生まれ変わった年でもありました。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末所感

2015年12月29日 12時15分

河邊 拓己

(今回は、前回の話題からの続きでもあります。)


ある抗癌剤候補化合物を評価する際に大事なことは、比較的単純なマウスの癌を治療する実験結果だけではなく、また、わかりやすい単純なシグナル伝達系の阻害実験結果だけでもなく、実験結果の全貌を注意深く観察理解し、まだわからないことへの想像も含めて、科学的評価をすることだと、私は考えています。
そして、さらに重要なことは、ヒトでの臨床試験でのあらゆる事象を注意深く観察・解析し、そこから、どれだけたくさんの事を学ぶかということだと思います。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

ReBorn

2015年07月08日 09時00分

河邊 拓己

2015年7月。
新しい決算期・第17期のスタートに当たってキャンバスは、新しい局面に入ります。

まず、CBP501。
多様な細胞機能に関わるよく知られた蛋白質カルモジュリンの機能を調整し、複数の作用により抗癌活性を示す、独特の抗癌剤(カルモジュリンモジュレーター)です。
(蛋白質の作用を止める「阻害剤」「インヒビター」ではありません。)
2005年から米国FDA規制下で臨床試験を開始し、2013年には2つの臨床第2相試験を済ませていながら、財務的制約から開発を一時保留していました。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加