CanBas

サイトマップ

お問い合わせ

ENGLISH

研究開発/R&D

研究開発/R&D

基礎研究担当

基礎研究担当は、次のような業務を担当しています。

(1) 新規抗癌剤候補化合物の探索
生細胞の挙動(表現型)に着目した当社独自のスクリーニングシステムを用いて、多様な化合物の中から、正常細胞への影響が少なく癌細胞を効率的に殺傷する化合物を探索します。

(2)候補化合物の最適化
細胞レベルでの実験や動物試験、あるいはコンピュータを用いて、(1)で薬剤の候補となった化合物(ヒット化合物)の分子構造を少しずつ変化させ、より最適なもの(抗癌活性の強いもの、癌特異的な作用の強いものなど)に改良する業務です。

(3) 作用メカニズムの解析
当社独自のスクリーニングシステムで選び出され最適化された化合物は、その時点では作用メカニズムが明らかでありません。また、非臨床試験や臨床試験から得られるデータから、それまでわかっていなかった新たな作用メカニズムのヒントが得られる場合があります。
基礎研究担当は、現在臨床試験段階にあるCBP501CBS9106を含め、候補化合物の作用メカニズムの解析をおこなっています。
また、この解析業務を通じて得られた知見は、その中の特定のメカニズムを強化した改良化合物の創出に繋がる場合があります。