CanBas

サイトマップ

お問い合わせ

ENGLISH

IR情報

IR情報

CanBas' Canvas マネジメントブログ

ReBorn

2015年07月08日 09:00

河邊 拓己

2015年7月。
新しい決算期・第17期のスタートに当たってキャンバスは、新しい局面に入ります。

まず、CBP501。
多様な細胞機能に関わるよく知られた蛋白質カルモジュリンの機能を調整し、複数の作用により抗癌活性を示す、独特の抗癌剤(カルモジュリンモジュレーター)です。
(蛋白質の作用を止める「阻害剤」「インヒビター」ではありません。)
2005年から米国FDA規制下で臨床試験を開始し、2013年には2つの臨床第2相試験を済ませていながら、財務的制約から開発を一時保留していました。
≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 6 7 8