CanBas

サイトマップ

お問い合わせ

ENGLISH

IR情報

IR情報

CanBas' Canvas マネジメントブログ

「どうしてキャンバスの本社は沼津なんですか」
これまで何百回、このご質問を受けたことでしょう。
確かに、ちょっと不思議な立地ですよね。

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月になりました

2016年04月01日 12:00

加登住 眞

キャンバスは6月決算なのですが、世の中の多くが年度替わりということもあり、キャンバスの社内もどことなく年度の改まった感じがあります。

河邊は研究開発に事業開発にと社内外国内外を精力的に飛び回っており、私もなにかとせわしない日々が続いているせいで、慣れないブログの更新がどうしても後回しになってしまっています。
年度替わりに一念発起、従来どおりの月数回更新ペースに戻し、キャンバスにまつわるさまざまな話題をお届けしたいと思っています。

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

動画配信

2016年03月15日 12:00

加登住 眞

ブログでのご報告が大変遅くなりましたが、3月1日に、去る2月23日開催の第2四半期決算説明会の動画を配信開始しています。
http://www.canbas.co.jp/ir/mov20160223.html

(なお、公式ツイッターでは当日のうちに告知済みです。もしよろしければ、ツイッターアカウント@canbas4575をフォローしてくださいね)

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット掲示板に思うこと

2016年02月19日 15:45

加登住 眞

同じインターネット空間にありながらあたかも存在しないかのように振る舞い続けるのも不自然なので、一度くらいはこのブログで、インターネット掲示板のことを書いてみることにします。

インターネット上の掲示板では、キャンバスに関する投資意見(「安い」「高い」「騰がる」「下がる」「売りだ」「買いだ」など)や、キャンバスの開示情報の解釈などが日々飛び交っています。

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

決算短信の解説と近況のおしらせ

2016年02月12日 18:40

加登住 眞

本日、平成28年6月期第2四半期決算短信を開示しました。
これに沿って近況をご報告します。
前回第1四半期決算短信の解説ブログ記事『今日公表の四半期決算短信と近況』(2015年11月13日)と併せて読んでいただけると幸いです。

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

CBP501とは(連載第1回)

2016年01月28日 12:00

河邊 拓己

今回から何回かに分けて、「CBP501とはどのような化合物か」の話題をお届けします。

昨年このブログを始めた頃はちょうどCBP501に新しい知見が確認され「ReBorn」として情報の提供をしていたのですが、「新しい知見」の前からもともとわかっていたCBP501の性質や、そもそもどのような源泉から見いだし創出してきた化合物なのかについては、ご説明を後回しにしていました。

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

「キャンバスが東洋経済オンラインの記事で上位にランクインしてますね(笑)」
友人から情報が届き、確認しに行ったところ、こちらの記事でした。

東洋経済オンライン 「カネを持て余している」300社ランキング

この記事によると、キャンバスは全上場企業中「カネを持て余している」ランキングで27位だそうです。

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

年頭ご挨拶+Biotech Showcase

2016年01月07日 18:00

加登住 眞

大変遅くなりましたが、新年のご挨拶を申し上げます。


キャンバスの2015年は、Stemline社とのCBS9106提携公表の余韻から始まり、同社IND申請完了のニュースで幕を閉じた年、に見えると思います。
もちろんその意味だけでも、昨年はキャンバスにとって前向きな年でした。

一方、社内のムードとしてはそれ以上に、CBP501に関する新知見の検証が進み、CBP501の見方が生まれ変わった年でもありました。

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末所感

2015年12月29日 12:15

河邊 拓己

(今回は、前回の話題からの続きでもあります。)


ある抗癌剤候補化合物を評価する際に大事なことは、比較的単純なマウスの癌を治療する実験結果だけではなく、また、わかりやすい単純なシグナル伝達系の阻害実験結果だけでもなく、実験結果の全貌を注意深く観察理解し、まだわからないことへの想像も含めて、科学的評価をすることだと、私は考えています。
そして、さらに重要なことは、ヒトでの臨床試験でのあらゆる事象を注意深く観察・解析し、そこから、どれだけたくさんの事を学ぶかということだと思います。
≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

Stemline社によるIND申請完了の発表を受けて

2015年12月24日 15:00

河邊 拓己

昨年末当社のCBS9106(先方の呼び方はSL-801です)を導出したStemline社から、昨日、SL-801の米国FDAへの臨床試験開始申請(IND申請)が完了したと発表がありました。
同社プレスリリース “Stemline Therapeutics Announces Opening of SL-801 IND

これを受けて当社も本日朝、プレスリリースを開示しています。
CBS9106(SL-801) 臨床試験開始申請(IND申請)完了のお知らせ

≫ 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加